支払いのテストをする方法 : sandbox

May 14 / e4all admin
受講者がコースを購入するときに、どのように見えるのか?ちゃんと機能するのか?など気になりますよね。大丈夫です。
英語でsandboxというのですが、日本語では余り聞き慣れないですよね?
Sandbox: 
sandboxサンドボックスとは、もともとは砂場・砂箱といった意味であるが、IT用語としては、プログラムがシステムの他の部分に悪影響を及ぼすことのないように設計された環境のことである。
by weblio辞書
と定義されています。
LearnWorldsのSandBoxも非常に優れており、購入と購入後にどのようなフローで設計すべきか検討できるようになっています。
それでは、早速みてゆきたいと思います。

 管理者画面のメニューから"Setting" -> "Financial" -> "Payment Gateway"と進み、"Sandbox"を選択してください。

 次にサンプルユーザーとしてサインアップしてください

 お好みのコースを選択し、受講ボタンを押す

 チェックアウトページでは、すでにテスト用クレジットカード情報が記入されています!

 あとは”購入"ボタンを押すだけです!

これで無事に支払いをsandoboxを通じて完了しました!
簡単ですよね。
”支払い"が完了すると、請求書が届きます。この内容を確認して、もし変更などが必要な場合にはこちらを参照ください。
また、支払い方法(Stripe, Paypalなど)などに関しての情報が必要な場合には、こちらをご参照ください。
Created with